MENU

背中ニキビ対策の最重要課題!保湿とニキビの関係をレポート!

背中ニキビというと、過剰な皮脂が原因の若い人に多い症状というイメージがありますが、実は、大人になってから肌が乾燥することによって発症することも多いのです。

乾燥は、秋冬の肌の悩みと思われがちですが、夏は紫外線やエアコンなど肌にダメージを与える要因が、多数ありそれが乾燥を引き起こすのです。


夏場は、特に肌がべとつき、オイリー肌傾向が気になる人が多く、日々のスキンケアに使用する化粧水選びの際にはさっぱりめの感触のものを選びがちです。

また、ベタつき改善に油取り紙などで必要以上に肌の皮脂をとってしまいがちになります。

皮脂は本来、肌のバリア機能を高める重要な働きをします。皮脂が肌表面に膜を作ってくれることで、大切な働きをしてくれます。

紫外線や外部刺激から肌をガードしてくれるのはもちろんですし、紫外線や汗による雑菌などの繁殖を防いでくれる効果もあります。


肌は本来28日周期で生まれ変わります。これをターンオーバーといいますが乾燥すると新陳代謝がにぶり、その生まれ変わりの周期に乱れが生じてしまいます。

そして水分と油分のバランスも崩れてきます。

肌の表面に水分が不足すると、それを補おうとしてどんどん皮脂が分泌されます。

肌はべたつくけど乾燥するという肌悩みはこうして発生します。

ターンオーバーが乱れると、古い角質や、汚れが残りやすくなりそれが毛穴につまってしまいます。

その結果ニキビが生じてしまうのです。

ニキビの原因となるアクネ菌やマラセチア菌という細菌はいずれも空気接触の耐性が弱い菌です。

ですから、皮脂が詰まって塞がれた毛穴の中というのは、ニキビ菌の原因菌の増殖に最適な環境になってしまいます。

しっかりとした保湿対策をして、肌の水分と油分のバランスを正常化することが原因菌の撃退に最適となります。

ケアを怠ったり、誤った手入れを繰り返すと、ニキビ跡が残ってしまうこともあります。

ニキビ跡を放置するとそれがシミになってしまうこともあります。そうならない為にも適切な対処をすることが大切です。

効果的な保湿対策で背中ニキビを撃退!

背中ニキビに効果的な保湿対策を今からでも始めることが、美肌作りの重要なポイントになります。

肌を清潔に保ち、しっかりと保湿しながらも毛穴をふさがずに健やかな肌を保つことが最重要課題です。

スキンケアは毎日行うことなので正しい方法や手順を継続することが症状の改善の近道になります。

余分な角質は取り除きながらも、しっかりと保湿をして肌表面をなめらかに赤ちゃんのような状態に近づけることをイメージするとよいでしょう。

スキンケアのタイミングとして最良なのはお風呂上がりです。

お風呂あがりは、肌表面の水分が蒸発しやすい状態となっていますのでしっかりと保湿をして表面の保護をしてあげることで、乾燥を防ぎましょう。


化粧品も様々な種類がありますが、背中ニキビが気になる肌専用に開発された化粧水や美容液などのスキンケアラインの商品も多くの会社から発売されています。

悩みを持つ多くの人のデーターを元に専門に開発された商品も多数ありますので口コミや、ネット上で評判のよいオススメ化粧品を使ってみるのもよいでしょう。

ニキビのある肌はダメージを受けて非常にデリケートになっています。

ニキビ肌専門の化粧品はそういったダメージ肌にも優しい低刺激なものが多いですし、ニキビ肌改善に保湿が必須であることが前提となっているので、保湿効果の高い処方のものが多いです。

また、ニキビに効果が高いとされる有効成分が含有されているものも多く改善や予防の効果も期待できます。

自分の悩んでいる症状に最適な成分が含有されたものを選び、使用量や手順をしっかりと守り効率よくお手入れをすすめて行きましょう。


基本的には、朝起きたら洗顔後の肌に、化粧水で表面の角質層にたっぷりと水分が補われるようお手入れをします。

その後、乳液をつけて、表面に膜をつくり、肌の水分量を保てるようにします。

この基本のケアをまずしっかり行うことで、肌の水分と油分のバランスを保つことができます。

洗顔する際の注意点は、肌をこすらないよう、優しく丁寧に行い、水分を拭き取る際にはタオルでゴシゴシせず、上から抑えるようにするとよいでしょう。