MENU

背中ニキビ跡の種類についてのレポート!

私が背中ニキビの克服の為に情報収集しているときに改めて気付いたことですが、背中ニキビに悩みを抱える方は、進行形のニキビと同じくらい『跡に残ることが怖い』ってことです。

例えば、顔を蚊に刺されたとき時にプックリ腫れが出ているときは恥ずかしい気持ちはありますが、治るのかなぁって不安を抱くことはないと思います。

いつまでもニキビが顔にある状態、いつまでも跡が残ることそれが怖いんです。見通しがつかないから不安なんですよね。

その不安を克服するために『敵を知りましょう!』

ニキビ跡の種類について

ニキビ跡と一言で言っても色々な種類がありますのでまずはこれを確認しましょう。

赤み型ニキビ跡

これはニキビができた部分の毛細血管が傷ついた肌を治そうと拡張・増生して赤くなって見えている状態です。さらにうっ血(血が滞る)するとより赤みが増していきます。

この赤み型にきび跡は、ニキビ跡の症状としては初期段階で色素沈着を起こさないようにケアしていけば跡は残りにくいと言えます。やはり早期発見と早期治療に勝るものはないと言うことですね!

この段階での処置としては、
ターンオーバーを促す
抗酸化ケアをする
上記の2点を早めに行えば、ほとんど跡は残らなくなります。もう一度念をおしますが『とにかく素早く行動すること』が跡にを残さないためには重要です。

色素沈着型ニキビ跡

色素沈着型のニキビ跡は、専門的には、『炎症後色素沈着』と呼ばれる症状で、一般的には2種類の色に分かれます

1つ目は、『赤・紫色に残るタイプ』で、これはヘモグロビンの影響による色素沈着です。

ニキビの炎症により毛細血管が傷つき内出血します。このときに血液中のヘモグロビンが沈着すると赤紫に色が残ってしまうのです。

この段階もまだ比較的初期の症状で早めの対処を心かければ跡を残さずに治すことができます。

具体的な処置としては、
紫外線対策をすることです。

ここで『紫外線対策』を怠るとさらに悪化し次の段階へ進んでしまいます。

2つ目は、『茶色にシミに残るタイプ』です。

赤、または紫色に色が残った状態で『紫外線』を多く浴びると、『メラニン色素』が沈着してしまいます。このタイプのニキビ跡はは『メラニン色素』が原因です。

このメラニン色素は本来、私たちの体を紫外線から守ってくれる役割をしています。このメラニン色素がなければ皮膚の奥まで紫外線が入り込み水ぶくれや炎症を起こしたり、DNAが破壊され皮膚癌になってしまうこともあります。

ニキビにより弱った皮膚を紫外線から守ろうと大量のメラニン色素が発生しターンオーバーによってすべて排出されなかった場合に『茶色のシミ』として肌の内部に定着してしまうのです。

ニキビ跡もこのシミの段階までくると消えづらくなってきてしまいます。

自分でできるケアとしては、

ターンオーバーを促す
美白成分を取り込む
紫外線対策をする

上記3点をおこなっても改善が見られない場合は、ニキビ跡専用の商品を試す、またはクリニックでの治療も視野に入れていかなければいけません。

クレーター型ニキビ跡

この段階のニキビ跡は相当厄介です。クレーター型ニキビ跡は、体質(肌質)によっても残りやすい方とそうでない方が分かれてきます。ちなみに、クレーター型になりやすい方のの特徴としては、

肌に弾力がなく、皮膚が硬い方
アレルギー体質で免疫反応による炎症が起きやすい方

上記のタイプの方は、クレーター状にニキビ跡が残りやすくなってしまいます。

ニキビができることは『肌に炎症が起きているということ』です。アクネ菌に対する体の過剰な防衛反応がこの炎症を引き起こしています。

この炎症が皮膚の深い部分(真皮層)にまでダメージが及んでしまった場合に、肌が再生(ターンオーバー)されずにクレーター状の傷が残ってしまうのです。

クレーター型の跡が残ってしまった場合、自力で治すことはほとんどできません。この段階に達してしまったら皮膚科やクリニックで専門的な治療を受けることをおすすめします。

やはり新しくできてしまったニキビに対していかに早めに対処できるかが分かれ目になってきます。

ケロイド型ニキビ跡

ニキビ跡の最後の型が『ケロイド型ニキビ跡』です。

ケロイドとは、炎症が起こった幹部が赤みを帯びたり褐色に光沢を持った状態で盛り上がった状態です。

これは、同じ場所で何度も重いニキビの炎症が起きることで表皮・真皮だけではなく毛穴までもが破壊される程、肌の深部にまでダメージを受けることでおこります。深くまで受けたダメージを過剰に再生しようとするため隆起し盛り上がってしまっているんです。

この状態までくると自力であとを消すことは不可能となります。出来るだけ早めに専門家に相談することをおすすめします。

まとめ

大きく分けると以上の4種類の型でニキビ跡は残っていくことになります。何度も繰り返しますが、本当に大事なのは『早期発見・早期対処をすること』です。ニキビは、炎症の進行が深部にと届かないうちに対処してしまえば跡として残ってしまう可能性を大きく下げることができます。油断せずに細かいケアを積み重ねていくことが本当に重要です。
いっぱい勉強して『今できることを今すぐしましょう!