MENU

肌の乾燥についての詳細レポート!

日本人のお肌のトラブルで、乾燥肌に悩んでいる方は一番多いと言われています。

乾燥肌は大きく3つのトラブルがおきやすい。

お肌が乾燥することで、お肌を守るために角質が厚くなりシワができやすくなります。

角質の水分が足りずに、毛穴がつまりやすくなり、お顔ニキビや背中ニキビができやすくなります。

乾燥でお肌のバリア機能が低下し、外からの刺激に弱くなることで敏感肌になります。


これらの症状がなぜ起きるのか?
乾燥肌のしくみや、改善方法についての詳細を説明していきましょう!

『乾燥肌のお肌はどんな状態なのでしょうか?』

お肌の表皮は「角質層」「顆粒層」「有棘層)」「基底層」の4つの層で成り立ちます。
その表皮の中で一番外側にある角質層という部分には、体内の水分を守るための「バリア機能」があります。
0.02mmのとても薄い層ですが、外的な刺激からお肌を守り、体内の水分を守るとても大切なお仕事をしているのです。

更に詳しく説明すると、
その角質層を構成している角質細胞は、角質細胞が何層にも重なった構造をしており、その隙間をつなぐように存在する「細胞間脂質(セラミドなど)」は角質の水分蒸発を防ぎます。
他にも、角質細胞内にある「天然保湿因子(NMF)」は、角質層の中で水分を保つ役割。「皮脂膜」は肌の表面に薄い膜となり水分の蒸散を防ぐ役割をしています。
これらの3つの働きがお肌のうるおいを守っているのです。

乾燥肌は、お肌を守るバリア機能が弱まり、細胞間脂質・天然保湿因子がうまく働かないことで正常にお肌のターンオーバーが出来ない状態です。
結果、乾燥やシワ・敏感肌という症状があらわれるのです。

乾燥肌の要因になる原因とは何か?

乾燥肌は、バランスの悪い食事や血行不良などの原因でお肌が「栄養失調」を起こししぼんでいる状態。
からだの栄養状態が悪くなると、皮膚が痩せて薄くなることで乾燥しシワができたり、バリア機能が弱まり外的刺激から身を守れず敏感肌になることもあります。

お肌につやと潤いを戻すためには、お肌を作るための栄養分を"しっかりお肌まで届ける"ことが大切。
その為には、バランスの良い食事と新陳代謝を上げる為の運動など、スキンケアを意識した生活の見直しは必須なのです。

乾燥肌をうるおい肌へ導こう! 乾燥肌改善へのステップ


起きた症状には化粧品でケアをしよう!乾燥肌にオススメの3つの化粧成分
「セラミド」:保湿性がとても高く、弱ったバリア機能をサポートします。
「ヒアルロン酸」:保水性がに優れており、お肌を乾燥から守ってくれます。
「コラーゲン」コラーゲン(たんぱく質)は皮膚の保湿やハリに効果があります。
(化粧品は起きた症状に対して処置をしているだけなので、根本的な改善は身体の中からしっかりケアをする事が重要です)

食事 乾燥肌に特に必要な栄養分
良質のたんぱく質・ビタミンC・ビタミンB郡・ビタミンA・脂質・セラミドなど。
基本的には偏食をせずに、さまざまな色の野菜をとり、魚・お肉とバランスの良い食事をすること!
食事だけでは足りない栄養分はサプリメントを摂ることで補いましょう。

運動
有酸素運動(ウォーキング・エアロバイク・エアロビクス等)をすることで基礎代謝が上がりお肌のターンオーバーも正常になります。
運動ができない場合は、38℃から40℃くらいの温度のお風呂に20分以上ゆっくり浸かることで血行促進をしましょう。

良質の睡眠
美しいお肌は夜作られます!不摂生に注意しましょう。ゴールデンタイムは”夜10時から深夜の2時頃”まで。この時間帯にしっかり休めるよう心がけましょう。

まずは、規則正しい生活とバランスの良い食事を意識しましょう。
今回のレポートが乾燥肌で悩んでいる方に少しでも役立てれば幸いです。