MENU

日焼けと背中ニキビの関係をレポート!

「背中ニキビは日光で殺菌すると効果があるらしい・・・」
「日光の紫外線はにきびには悪影響らしい・・・」

ニキビと日光の関係を調べるとさまざまな情報が出てきます。

まずは最初に、紫外線が背中ニキビに与える影響を調べてみました。
結果分かったことは「紫外線は背中ニキビに悪影響を及ぼすという事実」です。

理由はこちら

・日焼けをすると、紫外線からお肌を守るために角質が厚くなり、毛穴が詰まるためニキビができます。
・アクネ菌が排出するポルフィリンは、紫外線にあたると活性酸素を発生させ、この活性酸素はニキビを悪化させる原因になります。
・紫外線によって皮脂が酸化すると、毛穴が詰まりアクネ菌が増殖する事でニキビができます。
・紫外線によりお肌が炎症するとお肌を守るためにメラニンが生成され色素沈着し、できているニキビに対してはニキビ跡の原因になります。

これらを見ると日焼けが背中ニキビに与える良い効果はないということが分かります。

しかし、もう少し噂の元になった理由を調べてみたい!
と言うことで、調べた結果を報告しましょう!

UV対策は必須!紫外線はニキビ以外にもお肌の大敵!その理由とは

紫外線には「UV-A」「UV-B」「UV-C」の種類があります。 
「UV-A」
・UV-Aはお肌の奥深くまで届きコラーゲンにダメージを与える特徴があり、じわじわ時間をかけてシミやシワなどの老化現象が現れます。
「UV-B」
・UV-Bは長時間浴びることで、皮膚が炎症・水ぶくれができます。皮膚を守るためにメラニンが生成され色素沈着をつくり、ニキビにも悪影響を与えます。
「UV-C」
・UV-Cはとても強い紫外線の為に、しみ・しわ・たるみの他にも、皮膚がんの原因になると言われています。

日焼けをすることは、これらのダメージをすべてお肌に与えてしまうということです。
ニキビに対しても、UV-Bの特徴から悪影響を与えるという結果になりました。

紫外線のダメージから守るためにUV対策は重要視されています。
数年後のお肌が、UV対策を怠った結果を物語る事になるでしょう。
背中ニキビの改善や予防・老化予防のために、紫外線から身を守りましょう!

日光に当たることは身体に良い効果もある!?

日焼けをすると、紫外線の影響でお肌にトラブルが起きるとさんざん説明してきました、
ここまで、悪者あつかいの紫外線ですが「紫外線がニキビに良い」という声が上ったのは理由があります。

一つ目は
紫外線には殺菌効果があります。お布団を干すと太陽光線で殺菌されると皆さんもご存知でしょう。
ただ、残念ながらお肌には紫外線の悪い部分が影響するので、殺菌効果としては期待できません。

2つ目は
太陽光線には、紫外線以外にも、お肌や身体に良い効果をもたらす可視光線・近赤外線があります。
皮膚科で扱う治療器具の中には、太陽光線の良い部分だけを再現した機器があり治療で使われています。自然の太陽光線では治療できないので注意しましょう!

3つ目は
紫外線にポイントを置かなければ、日光に当たることは身体にさまざまな良い効果があると言われています。

・お肌にビタミンDを生成
・うつや不眠症の症状の改善
・骨粗鬆の予防
・認知症の予防
・紫外線によるお肌の殺菌効果

ある程度の日光浴は身体のバランスを整えるためにも大切なのです。

以上をまとめると、
背中ニキビには日焼けはオススメできません。
ですが、日光にも良い働きをする部分もあるので、”適度な日光浴”は、心身のバランスが整い、内的要因が改善すると背中ニキビの軽減につながる部分はあると言えるでしょう。