MENU

背中ニキビを効果的に予防するには?〜正しい身体の洗い方〜

背中ニキビの予防策としてすぐにでも取り組める有効な対策として『正しい体の洗い方を覚える』というものがあげられます。

身体の洗い方は人それぞれ小さい時からの習慣で特に意識したこともなかったと思いますが、スキンケアの基礎になる大切な部分なのでしっかり勉強しましょう♪

素材は選んでますか?

身体を傷つけずに効果的に洗うためには、『肌に優しい素材のタオル』を使うことをおすすめします。ナイロン製のタオルの両端を持って豪快に背中をゴシゴシするのはやっぱり爽快ですし気持ちいいですからついやってしまいがちですが、ぐっと我慢して優しい素材のタオルを使って洗剤を届けましょう。
おすすめの素材としては、

綿の素材のタオル

ヘチマを使ったタオル

シルクを使ったタオル


このあたりのタオルを使えば肌に優しい洗い方をサポートしてくれますので、まずはタオル選びから始めましょう!

身体は強く洗わない!

身体を洗うときに『ゴシゴシ』と強く洗ってしまっていませんか?私も幼い時母に『身体はしっかり洗いなさい!!』って言われてからゴシゴシゴシゴシしっかり洗うようになりました(笑)身体のかゆみや垢をしっかり落とそうとするあまり無意識に強く洗ってしまうものなんですよね。
身体を強くこすりすぎると

身体の脂を落とし過ぎてしまう

角質が剥がれてしまう

すでにあるニキビに刺激を与えてしまう


これは要するに肌を傷つけしまい、結果ニキビができる原因につながってしまうんですよね(; ;)
だから、身体を洗うときは、優しく肌をマッサージをするようなイメージ洗剤を届けて毛穴の奥から皮脂を吸着させるようなイメージで洗いましょう!それだけでも十分身体は洗えているんです!

身体を洗う正しい順番があるんです!

身体を洗うときのポイントとして大事なことは『洗い残しをなくす』ことですが、そのためには『身体を洗う順番を考えること』が重要となります。

身体を洗う正しい順番

・上から下が原則

具体的には、まず洗髪→洗顔→首→デコルテ・背中→腕→腰→下半身と言った具合に上から下に洗っていきます。
理由は、身体を洗ったあとに洗髪をしてしまうとせっかく綺麗に流した身体にシャンプーが着いてしまうため洗い残した状態になってしまうためです。細かいことかもしれませんがこういった細かい要素の積み重ねが大きな効果として表れていきますので徹底しましょう。

すすぎの大切さ

洗剤を身体全体に届けて汚れを吸着させ最後は『すすぎ』です。すすぎは、本当に大事です。せっかく丁寧に身体を洗ってもすすぎを疎かにすると効果は台無しになってしまうと考えてしまってもいいです。

背中ニキビの原因は圧倒的に洗剤を洗い残していることが起因になっていることが多いです。ですから、今までの倍の時間をすすぎにかけるようにしましょう。

肌の乾燥を防ぐためお湯の温度を40度以下のぬるま湯に設定して、上から下へと丁寧にすすいでいきましょう。

金銭面で余裕がある方は、『塩素除去のシャワーヘッド』をつかってみるのもさらに効果が高まります、(塩素は過剰に皮脂を取り除いてしまうことがあります)
すすいだ後は、優しい素材(ガーゼ生地とかおすすめです)で軽く抑えるように水気をとって完了です。