MENU

酒は百薬の長になる!?飲酒は背中ニキビを悪化あせるか?

仕事上のお付き合いや、友人との飲み会などでお酒を飲む機会は案外あります。


普段からニキビが気になる人は、飲酒をすると症状が悪化することがあります。
炎症していた部分が大きくなってしまったり、
表面上には変化がなくても内部の炎症がひどくなり、治りが悪くなってりなどします。

そのため、お酒は大好きだけど、ひどくなるのを避けたく、なるべく控えているという方もいます。

そもそも飲酒とニキビはなにか因果関係があるのでしょうか?

健康を推進する上で、飲酒は少量ならば、血行が促進され新陳代謝が高まるなど良い点もあるのですが
飲み過ぎは様々な悪栄養があるのです。

飲酒で肝臓にダメージを受けると背中ニキビも悪化

お酒を飲むことで、体内にアルコールが入ってくると、身体の中の
毒素を分解するべく、肝臓が働きます。

飲酒量が多ければ多いほど、その分解が追いつかなくなり
肝機能が著しく低下してしまいます。

その結果、血液中に毒素が溶け出して体内に蓄積されてしまいます。
蓄積された毒素がニキビとして肌の表面に現れてくるのです。

肝臓には本来ビタミンを始めとする栄養を貯蔵しておく機能もあります。
ニキビの改善には、健康な肌作りに必須な成分であるビタミンをBを
積極的にとることが望ましいとされています。ビタミンB1・B2には皮脂を抑制する効果もあります。

ところが肝機能が低下すれば当然貯蔵もうまく行かなくなり、その供給もスムーズにできなくなります。
それがニキビの進行や悪化につながってきます。

飲酒時に食べたくなる脂っこい食べ物もニキビの原因に

お酒を飲んでいると、揚げ物など脂っこい物やが無性に食べたくなります。
味の濃いものも多いので食がすすみ、気がついたらけっこうな量を食べてしまうこともあります。

例えば、飲み会の定番唐揚げやフライドポテト、ピザなどは脂質がたっぷりですし
焼き鳥や照り焼きチキンなどについている甘辛いタレは糖分がたっぷりです。

そのため、脂質や糖分の摂取が過剰になってしまう傾向があります。
これらを過剰に摂取すると、皮脂の分泌も相乗して過剰になっていきます。
皮脂が増えれば、腸内環境も悪化していきますので、それがニキビへとつながる要因になります。

お酒と一緒に食べるなら、ビタミンBの含有量が多い豚肉料理がおすすめです。
枝豆や、冷奴などの大豆製品もよいでしょう。
ビタミンや、ミネラル豊富な野菜たっぷりのサラダなども積極的に取りたいメニューです。

また、しめに食べるラーメンはおいしくてついつい誘惑されてしまいますが
脂質がたっぷりでニキビの悪化の要因となりますので気をつけたいです。

また、ビールや日本酒等のお酒自体にも実は多くの糖質が含まれています。
糖質は本来身体を動かしたり物事を考えたりする時のエネルギー源となる
身体にとって欠くことのできないものです。
ところが必要以上に摂取すると
糖質を分解するために体内で大量のビタミンBやミネラルが失われてしまいます。
さきほど肝機能の項目でものべましたがビタミンBの不足により皮脂の分泌抑制がうまくいかなくなれば
それがニキビの原因となってしまいます。

お酒の中でも蒸留酒と呼ばれる醸造酒(穀物や果物を発酵させたもの)を蒸留したもののは糖質がほぼゼロなのでおすすめです。
種類でいうと、ウイスキーや焼酎、ラム、ウォッカ、泡盛などです。

また、最近では健康を意識した糖質フリーのビールなども各メーカーから販売されています。

ただし、アルコールが含まれていることには変わりないのでくれぐれも飲み過ぎは厳禁です。

背中ニキビと無縁の美肌作りには飲酒はくれぐれもほどほどに!

飲酒には適量飲むことで

ストレスが発散されたり、
血行が促進されたり

といった具合に、上手につきあうと、百薬の長と言われる面もあります。

ニキビ肌に悪いからといって
おつきあいや、楽しみとして適量を飲むことを否定し
それがストレスになってしまうようでは、かえって身体に悪影響となってしまいます。

飲酒をすることで身体が受ける影響を認識し、
なるべく飲酒は控えるよう心がけつつ、体調が良い時に適量飲むとよいでしょう。

肌の表面に炎症したニキビができている時は
アルコールを飲むことで炎症が悪化する心配がありますのでなるべく飲酒は避けましょう。